池袋・浦和のパーソナルトレーニングジム・ダイエットジム|リーグレス

03-6903-7215 受付時間9:00-22:00
日曜日を除く

スタッフブログ
blog

HOME > スタッフブログ > 豆知識 > 3食食べるダイエットとは?

3食食べるダイエットとは?

豆知識

2016.05.16(月曜日)

間違ったダイエット方法

ダイエットで勘違いしてしまいがちな「体重をただ落とせばいい」という考えから、食べないというダイエット方法をしてしまう人が多くいます。
食べないと確かに体重は落ちます。
しかし、健康にはよくない方法ですし、結果的に基礎代謝を下げてしまい、痩せづらい身体、食べたらすぐにリバウンドしてしまう身体をつくってしまいます。
正しいカロリーコントロールで健康的なダイエットをすると、痩せやすい身体づくりをすることができ、体型を維持することができます。
そのためには、3食しっかりと食べるダイエット方法をしなければいけません。

無理な食事制限

1日3食食べないという方法は、カロリーの摂取量が極端に減りますので体重は落ちます。しかし、肥満になりやすい身体をつくってしまいます。
1日1食生活が身体に良いという声もあり、賛否両論ですが、正しい食生活を意識しないと栄養失調になってしまう可能性もあります。
特に、10代、20代前半に痩せたいという意識から絶食をしてしまう人がたくさんいます。
その結果、拒食症や過食症になってしまい、健康的な生活が送れなくなってしまったという人がいますので、あまりおすすめできないダイエット方法です。

1日3食で健康的にダイエット

朝、昼、晩としっかり3食食べる生活をしたら体重が増えた!という人はいませんか?
それは、朝、昼、晩の食事の割合が間違っていたり、食べ過ぎてしまっていたりする可能性があります。朝昼晩の食事の割合は「3:4:3」がベストです。
朝昼を少し多めに、晩は少なめにすることを心がけましょう。
また、朝食を食べない人がいますが、朝食をしっかり食べることが重要なポイントになります。
朝食で摂取したカロリーは1日の中で一番消費されやすいので太りません。
昼食も少ない量にしたり、食べないでいると晩ご飯までの空腹が我慢できずに間食をしてしまったり、晩ご飯を食べ過ぎてしまう可能性がありますので、昼食もしっかり食べる必要があります。

夜は3食の中で一番量を減らしましょう。
また、炭水化物はなるべく避けましょう。
脂肪として蓄積されやすいので、野菜を多めに摂取することをおすすめします。
しかし、晩ご飯を少なくしすぎると、空腹で眠れなくなったり、夜中に間食をしてしまったりするなどでダイエットを失敗してしまう人もたくさんいますので低カロリーなものをバランス良く食べましょう。

1日3食は健康に良いですし、太りにくい身体をつくりますが、食べ過ぎ、食べる物や時間に気をつけてください。