池袋・浦和のパーソナルトレーニングジム・ダイエットジム|リーグレス

03-6903-7215 受付時間9:00-22:00
日曜日を除く

スタッフブログ
blog

HOME > スタッフブログ > ブログ > 水分の大切さ

水分の大切さ

ブログ

2016.05.18(水曜日)

こんにちは(^^)/

パーソナルトレーナーの杉田です(^^♪

いやー今日は暑いですね。

外を歩いていると、汗をかくぐらいですね。

長袖を着ている人もだいぶ少なくなってきました。

ちょっと二の腕が気になるなんて方や、少しだけお腹周りが気になるなんて方もいらっしゃるかと思います。

Leglesでは、2週間トライアルを行っています。トライアルでも、サービスの内容は変わりませんので、

お気軽にお問合せください(#^^#)

今回は体の水分について考えてみたいと思います!!

夏になると多くの方が、脱水症状や熱中症になってますね。

部活等では未だに水分補給を意識的にしていない所もあります。

僕も小学校の時は、水を飲ませてくれない環境でスポーツをやっていました・・・

今思うと、よく倒れなかったなと思います。

最近は健康の為に歩いたり、ジムに通って運動している方が多くなってきたなと思います。

しっかりと水分補給は行っていますか?

ちなみに人の体の何%が水分なのかご存知でしょうか?

成人の場合、約60%が水分で構成されています。子供の場合約は75%です。高齢の方は約50%です。

では、このうち何%が失われると喉が渇くのでしょうか?

2%が失われると喉の渇きを感じ、運動能力が低下していきます。

3%失われると、強い喉の渇きや、ぼんやりしたり、食欲不振になったりしてきます。

4%~5%失われると、疲労感や眩暈・頭痛・脱水症状が出てきます。

そして20%以上が失われると、最悪な状態を引き起こしてしまったりします。

たった2%で体の能力下がります!!運動している方にはものすごいマイナスですね( 一一)

それだけ、水分は体にとって大切なんです!!

汗をかいたら、最低でも汗をかいた分と同じ量の水分をとる必要があります。

ご高齢の方は喉の渇きを感じにくくなっていますので、積極的に水分補給をしていきましょう。

 

サウナや運動をする事で、行う前後の体重が何㎏か下がる事を経験している方は多くいらっしゃると思います。

実はこれ、「汗として水分が体外に出て行ってしまった事による減少」なんです。

運動前と運動後で、2%~3%の体重が減少しているのあれば、水分補給が足らなかったという事です。

例えば、運動前60㎏運動後58.2㎏なんて数字になっていたら水分補給が少なかったと思って、運動する時は、水分の摂取に気を付けみてあげてくださいね(^◇^)

特に運動などしない日常生活においては、約1.2ℓの水を1日かけて飲むようにすると健康的にもよいかと思います(^^)/

次回は、運動時の水分摂取タイミングをみていきたいと思います!!shutterstock_56281039-e1378264390728